忍戦-Shinosen-  忍者チャンバラ
忍者チャンバラ
 
忍戦-shinosen-とは?
 ■忍者1名と参加者多数5~10名と戦う。
 参加者の武器は60cmスポンジ剣で忍者の武器は鎖鎌、棍棒、二刀流などで
 忍者や対戦相手の脚(足)を武器で叩くか、さわると勝ちとなる。
 ※腰より上の上半身を叩くと喧嘩になるのでだめでござる。
 
 ■参加者3名対3名の対戦も行い、勝敗が決しない場合は吹き矢で勝敗を決める競技もある。
 日本各地への忍者チャンバラの普及を目指し、団体や学校への協力に努力する。
 
馳せ参じます
 
忍者対参加者多数の競技事項
 @下半身の脚(足)をスポンジ剣で忍者や参加者を叩くと勝ち。
 A忍者に脚(足)を叩かれるとその人は場外に出る。
 B参加者は相手の武器を掴んだり武器を投げたりできない。与えられた武器のみ使う。
 C制限時間は3分とするが、その場の状況に合わせ延長することができる。
 D忍者の武器は鎖鎌、棍棒、二刀流などを使う。
 E戦場には障害物があり、隠れたりするのに使う。危なくないようにダンボールを使用する。
 F戦場の大きさは10m×10mを基本とする。
 
三名対三名の競技事項
 @三名対三名の対戦で相手の脚(足)をスポンジ剣で叩くと勝ち。
 A脚(足)を叩かれた対戦者は場外に出る。
 B参加者は相手の武器を掴んだり投げたりできず。与えられた武器のみ使う。
 C制限時間は3分とし、勝敗が決しない場合は代表者の吹き矢(10m)で勝敗を決める。
 D戦場には障害物があり、隠れたりするのに使う。危なくないようにダンボールを使用する。
 E戦場の大きさは10m×10mを基本とする。
 
今まで開催された 忍戦-Shinosen-

第1回 忍戦-Shinosen- 第2回 忍戦-Shinosen- 第3回 忍戦-Shinosen- 第4回 忍戦-Shinosen-
第一回 忍戦-Shinosen- 忍者チャンバラ 第二回 忍戦-Shinosen- 忍者チャンバラ 第三回 忍戦-Shinosen- 忍者チャンバラ 第四回 忍戦-Shinosen- 忍者チャンバラ
 
第5回 忍戦-Shinosen- 第6回 忍戦-Shinosen- 第7回 忍戦-Shinosen- 第8回 忍戦-Shinosen-
未定 未定 未定 未定
 
       
       
 
 
 
忍戦-Shinosen- Movie
 
 
熊本忍者連盟
 
2015-2016 熊本忍者連盟